女性の医者

子宝が欲しい|不妊治療の期間と費用を調べよう

お腹の子供に良い食生活

カップル

妊婦に必要な栄養素

妊娠中は食事に気をつかう必要があります。お腹の赤ちゃんの成長のために身体に良い栄養素をたくさん摂るようにしましょう。妊娠中に限った事ではないですが緑黄色野菜は積極的に摂りたい食材の一つです。ビタミン類、食物繊維、葉酸、カルシウム、鉄分などが豊富な食材です。妊娠中はビタミンAの摂り過ぎが良くないとされていますが、野菜から摂取するビタミンAはベータカロチンと呼ばれていて必要以上の摂取は体内に蓄積されずに排出されます。ビタミンAは緑黄色野菜に豊富に含まれているので妊娠中は野菜からビタミンAを摂るのをオススメします。妊娠中の食事は普段よりも栄養バランスに気をつけ、1日3食しっかり食べるように心掛ける事が大切です。

なるべく控えた方が良い物

妊娠中の食事には注意しなくてはいけない点もいくつかあります。特に生鮮食品には注意が必要です。動物性のビタミンAは摂取しすぎると胎児の成長に影響があるとされています。特に多く含まれる食材はレバーですので食べ過ぎには気をつけましょう。刺身は鮮度の高いものであれば問題はありませんが、そうでないものはなるべく火を通すようにしましょう。妊娠中は免疫力が低下しているため、食中毒にかかると普段よりも悪化させる事があります。下痢や嘔吐などが続くと胎児の成長に影響が出るので注意しましょう。お酒はあまりよくないとされているので控えるようにしましょう。カフェインは1日1杯程度なら問題ないとされています。あれもこれも食べてはいけないと言うわけではありません。食事でストレスをためてしまうのも身体に良くありません。食事の量と栄養バランスさえしっかりしていれば問題ないのであまり考え過ぎないようにしましょう。